🦁5月3日憲法記念日

5月3日憲法記念日には、はんどう大樹弁護士の熱弁による「檻の中のライオンzoomオンライン講演」に参加しました🦁

狛江版まぼろしのチラシ

 

昨年末、「檻の中のライオンin練馬]」に参加し、是非狛江での開催を❣️と5月23日(土)午後の講演会を企画、準備を進めていました。

けれど、コロナ感染対策として非常事態宣言の延伸がきまり、泣く泣く期間未定の延期を決めました

・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

 

5月3日のzoom講演会 参加申し込みは500名。はんどう弁護士は「聴衆の反応がわからないので、いつもと勝手が違う〜」と、汗をぬぐいながら熱弁を展開。国家権力(ライオン)と国民(その他の動物のぬいぐるみ)を使いながら日本国憲法の全体像や留意点、自民党改正草案の問題点を解説。

 

この講演会を始めた5年前は1時間半だった講演の内容は、憲法違反が疑われる安保法案、集団的自衛権、臨時国会招集、加計・森友・さくらなど時事問題の解説を加えているので2時間半でも足りないくらいに拡大しています。

 

講演打ち切りの4時以降は質疑応答になり、私は6時で退出しましたが、その後zoom懇親会に発展し、親交を深めてトータル10時間だったそうです。

 

チャットによる質疑には高校生より、「日本が攻められた時どうやって守るのか、ときかれたらなんと答えればいいの?」や小学生から「教科書には憲法のことちょっとしか載っていないのに、宿題ではたくさんでる」といった(はんどう弁護士曰く)非常に良い質問が寄せられており、勉強になりました。

 

憲法は国民が作るもの、勝手な解釈や無視されないためにも、私たちがもっと憲法を学ぶこと・知ること。知っていることを前提として、私たちは政治にちゃんと目を光らせないとないといけない。

政府は臨時国会を開かないとか、裁判官の定年を延長しちゃうとか、勝手なことをして、それがまかり通ると思っちゃいます。

学ぶためには、まず公教育で子どもたちに憲法を身近なものとして教えないと!と強く感じました。

コロナ感染が終息したら、狛江での檻の中のライオン講演会 開催しますね❕

 

😺まつざき淑子