多摩6市長で東京都に「多摩地域の宿泊療養施設の確保について」要望書を提出!

宿泊療養施設の確保について(要望書)のサムネイル🔴東京都はコロナウィルス感染軽症者の入院先として、宿泊施設の確保を推進しました。当初は23区のみが対象とされていたことに対し、狛江・生活者ネットワークは4月16日提出の要望書で多摩地区の宿泊施設確保を緊急要望しました。多摩地域では八王子のみ設置との報道もありましたが、5月1日に北多摩南部医療圏で宿泊施設確保が急務であることから武蔵野市、三鷹市、府中市、調布市、小金井し、狛江市の市長から東京都知事に対して要望書が提出されました!

 

 

また、🔴狛江市公立小中学校は5月31日まで休校を延長することとなりました。臨時休業期間の延長にあたり、子どもの健康状態の把握、学習課題等の配布、今後の連絡等を行う必要があることから、5/12〜15に各学校で分散登校を行います。詳しくは各学校からの連絡、ホームページをご確認ください。

🔴学校臨時休業期間が長期化していることから、ICTなどを活用した子どもの家庭学習の支援など、学習環境の整備を図るため、インターネットに接続することができる通信機器を保有していない家庭に、狛江市公立小中各校800台所有しているタブレット型情報端末およびWi-Fiルーターの貸し出し申請を受付ます。申請は5/7〜5/11。申請の要件、方法は各学校よりのメール、ホームページをご確認ください。貸出は5月下旬から当面の間。
電子図書の導入を予算化しています。

🔴狛江市 保育園と学童の緊急時特別保育を5/30(土)まで延長します。該当する方は5/8(金)12時までに在籍園にご連絡を!

★休校により、子どもの学ぶ権利や、子どもたちの交流の確保をどうすればよいか、みなさまのご意見をお待ちしています!

 

前の記事

狛江版 ”エール”

次の記事

🦁5月3日憲法記念日